B BRAUN

BBRAUN AESCULAP Endoscopic Surgery Official Site | AES

MIS Library 外科全般

レポート/⽂献

連続皮内縫合におけるモノシン使用経験

熊本大学形成外科 西村祐紀先生

形成外科分野では創縁の減張を目的として真皮縫合を行い、表面の縫合は締めすぎないように注意して縫合糸痕が残らないように留意することが多いが、時に抜糸の遅れ、創縁の緊張、創感染などにより縫合糸痕を形成する症例もみられます。
そういった事例を防ぐために熊本大学形成外科にて採用されている真皮縫合及び連続皮内縫合のポイントをお伺いいたしました。

一覧に戻る

デモのご依頼、お⾒積り、
製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ